未分類

ナイトワークは稼げるだけじゃない?

ブタとお金

「どうせ仕事するなら高収入がいいな」「一度は水商売をやってみたい」という女性には、ナイトワークのメリットとデメリットを紹介します。
夜のお仕事といえば、高いお給料がもらえるというイメージが強いですよね。がんばるほど給与に反映されますし、モチベーションにもつながります。

しかし客の中には「痛客」と呼ばれている、自慢話ばかりする人や酔った勢いでキャバ嬢にお説教をしてくる人もいます。
そのような人に当たってしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

●高いお給料が期待できるナイトワーク

女性が働ける水商売といえば、キャバ嬢とガールズバーです。どちらも普通のカフェやレストランなどのアルバイトよりも、高い給料が望めます。
キャバ嬢だと平均月収は20~50万越えで、ガールズバーだと平均18~20万です。またその他にもそれぞれメリット点が違います。

【キャバのメリット】
頑張った分だけ給料が増えます。キャバは指名制度を導入しているため、常連客を作ると太っ腹に稼がせてくれることもあります。
【ガールズバーのメリット】
指名制度がないためか、女性同士での張り合いがなく逆に仲間意識が芽生えることも。またラフな接客で良いため、精神的ストレスも少ないんです。

●痛客って?

キャバクラやガールズバーに共通して言えるのが、面倒に感じる客もいるということです。格式が高い客が多いのも事実ですが、そうではない客もいるのです。
女性からは「痛客」とも呼ばれていて、自慢話をする客やお説教をしてくる客などさまざまな人がいます。
それぞれの対処法をみていきましょう。

【自慢話ばかりする人】
うまく話を受け流しましょう。また大げさにリアクションするのも方法のひとつです。
【説教をしてくる客】
下を向いて反省しているフリをするのがオススメです。素直に受け止める人もいますが、気負いする必要はありません。

お酒と女性との会話を楽しみに来店している男性は、少し気が大きくなりがちなため広い心を持って接してあげましょう。