未分類

華やかなドレスで接客といえばキャバ嬢

レッドドレスに身を包んでいる女性

水商売といえば、誰もがキャバクラを思い浮かべるのではないでしょうか。近年テレビやSNSでも紹介され、若い年齢層の女性から再注目されています。
「自分もキラキラしながら稼ぎたい」「あのキャバ嬢のようになりたい」という憧れの気持ちで入店する女性もたくさんいるほどなんです。

ナイトワークでがっつり稼ぎたい方、華やかなドレスに身を包みながら働きたい人はキャバクラに挑戦してみましょう!

●キャバ嬢には3つマナーがある?!

キャバ嬢の主な仕事内容は、男性客の隣に座り楽しく会話をしたりお酒を注いだりします。言わずと知れた職業ではありますが、キャバ嬢には客と接する上でマナーがあるのを知っている人は少ないのではないでしょうか。

【タバコの火】
キャバクラに来店する客は、タバコを吸う人もいます。客が吸おうとしていたら、さりげなくライターを出して火をつけてあげましょう。
【おしぼりのチェック】
普通の飲食店では、おしぼりを渡してお終いですがキャバクラでは違います。最後までおしぼりに気を使いましょう。
【名刺を渡すにもタイミングがある】
他の子のヘルプで席についている時は名刺を渡してはなりません。「客を奪われる」と勘違いさせてしまいます。

その他にも接客の際には、笑顔と大きなリアクションが欠かせません。リアクションが苦手な方は、声のトーンを変えてみるのも方法のひとつです。

●自分が好きなドレスで客にアプローチ

キャバクラでは他のキャストと衣装が被らなければ、基本的に自分の好きなドレスを着て働けます。
どのような種類があるのかチェックしてみましょう。

<ドレスの代表的な色>
・赤やピンクの暖色系
・青はさわやかさを演出
・水色は聞き上手な大人っぽさ
・緑は自然体の癒しを与える
・ダーク系は男性の支配欲を引き出せる
・紫は艶っぽさが出せる

単にカラードレスといっても、色で印象が変わります。
自分が好きな色と客に与えたい印象が合っているか、確認してからドレスを着用してください。